コミュニティ通訳 (Community interpreters)

通訳・翻訳のこと|2017/02/27 posted.

RASCコミュニティ通訳支援センター(Cots)主催のなら医療通訳研修講座に参加してきました。

医療通訳は、コミュニティ通訳の一分野です。

コミュニティ通訳って聞いたことありますか?

様々な理由で、日本に住んでいるけれども日本語をあまり話せない方たちがいます。
その方たちが、子供が通う学校の関係者とコミュニケーションをとる、役所の手続きをする、病院を利用する、警察や法廷でなど、社会生活の様々な場面で必要とされる通訳です。

通訳を必要とする方たちは、それぞれの国の方言を話す場合もありますし、日本ではあまり知られていない慣習があることや、場合によっては様々な問題を抱えていることもあります。企業や会議の通訳とは違ったむずかしさのある仕事だと思います。

また、司法通訳、医療通訳をはじめ、高い語学スキル、専門知識と、倫理観が必要とされますが、ボランティアや、ボランティアに近い価格でされていることが多いです。(司法通訳は比較的しっかりした報酬体系があるようです。)

高い倫理観が必要、というのは、相手の本当にプライベートな事情まで知ることになるからです。病院で診察してもらったことや、困りごとを相談しに行ったこと自体、知られたくない場合もあります。コミュニティ通訳の団体では、次に会った時も、こちらからは声をかけない、相談を受けた後、依存してしまうことがあるので本名や連絡先を教えない(←これは今日教えていただいた団体とは違う所のです)、などのルールを作って運営しているそうです。

・・・日頃気楽に翻訳だけやっている身としては、本当に大変だなと思うのですが、それでも担い手がいるのは、必要としている人のために、自分の能力を活かそうという気持ちからだと思います。それと、もしかしたら今は子供の手が離れた専業主婦層がたくさんいるから可能なのかもしれません。ほんとうは、報酬体系がしっかりしていないと、これだけ勉強や経験のいる仕事に、いい人材を集めるのは難しいのではないかと思います。

今日は、40人ほどの方が参加していて、通訳の方、通訳ガイドの方、医療関係者の方のほか、翻訳者や、語学の勉強を続けているので参加した、という方もいらっしゃいました。

講座は先生方の人柄もあり、和やかな雰囲気で楽しいものでした。
直接お話できなかったのですが、奈良でも、ボランティア医療通訳のグループを作ろうとされている方がいるそうです。これから、外国人観光客の多い奈良にあった、ボランティア通訳の知識が積み重ねられて行くのだろうと思います。

I attended a seminar on medical interpretation provided by Japan Community Linguistic Service Center.

Interpreters working to help foreigners who have a linguistic barrier in various situations such as when their children go to school, when they have to go through formalities at administrative agencies, when they go to a hospital, when they have to talk to the police or they have to talk at a law court and so forth are called “community interpreters”. Medical interpretation is a category of community interpretation.

The linguistic skill required for medical interpretation and other community interpretation is a bit different from normal interpretation provided at conferences or business meetings, because community interpreters have to deal with people with wide variety of backgrounds.
The spoken language may be a dialect, which is hard to understand even for the interpreter of the specific language. The person may not be able to speak normally because of physical and mental conditions. Medical interpreters are required high flexibility adding to expert knowledge.

In addition, medical interpreters and other community interpreters are required a high sense of ethics, because they are in a position to know people’s privacy.
Not only do they keep private information secret, but they carefully set rules to protect the clients’ privacy. The instructors’ group has a rule that they will not say hello to the clients unless they are said hello first from the clients when they see them next time.

Though high skills are required, most of the medical interpretation is provided at low prices or with almost no charge.
Aside from the fact that I have to study a lot to become a medical interpreter, do I want to become a medical interpreter? Yes, but no.
I felt the job must be fulfilling from the instructors’ facial expressions and examples they talked about.
However, it is difficult to spare much time for a volunteer job because I have to work, and it requires training, experience and continued update of knowledge. A proper payment system may be necessary to provide adequate human resources.

About 40 people including interpreters, interpreter-guides, translators, and English learners attended the seminar today.

I heard that some people in the attendees are organizing a group of medical interpreters in Nara.
They might be a basis for providing suitable services in Nara, where the number of tourists is increasing, in the future.

2017年2月26日 藤原 誉枝子
Feb 26 2017 Yoshiko Fujiwara